『市民ケーン』が映画史上最大の名作だというので観ようとしたら、あまりの退屈さに途中で観るのを止めてしまった。