読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 『戦争と平和』第2部第3篇を読んだ。

 

 本作は今のところ、くそおもしろい回→つまらん回→くそおもしろい回→つまらん回...と展開しているのだが、今回はそのうちのつまらん回に当たる。

 

 話としては、ヒロインの1人であるナターシャを巡る、3人の男たちの悲喜こもごもが描かれる。

 まず出世の階段をひた走るボリスが、ナターシャと両想いになりつつも、こいつと結婚したら出世ができんな・・・、と思って身を引く。

 他方、第2のナポレオンになる野望を打ち砕かれて、生きる意味を見失っていたアンドレイは、生命力あふれるナターシャに惚れて、婚約にこぎつける。

 離婚騒動と所属するフリーメイソンへの疑問から、何だか鬱気味のピエールは、アンドレイからナターシャに求婚するんだという告白をされて、何だかもやもやする。

 

 こっからアンドレイはナターシャに裏切られてぼろぼろになり、ピエールはナターシャに秘めた想いを告白することになるらしいので、次回に期待。