読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 トルストイ戦争と平和』第1部第3篇冒頭を読んでいる。

 

 第2編のクソさに比べていきなり面白い。

 前回、ロシア最大の金持ちベズーホフ伯爵の遺産を相続した主人公ピエール君だったが、莫大な遺産をゲットしたことで、今まで相手にもされなかった美女エレンとの結婚話が持ち上がる。

f:id:riazi_yu:20160712202157j:plain

 

 しかし、このエレンというのが、顔と体は最高だが、頭はクソ悪いという女で、ピエール君は理性と下半身の間で葛藤することになる。

f:id:riazi_yu:20160712202208j:plain

 

<下半身>

 彼女はいつものパーティと同じように、当時の流行にしたがって、前と後ろが大きくあいたドレスを着ていた。いつもピエールには大理石のように思えていた彼女の上半身が、彼の目からあまりにも近い距離にあったので、彼は生き生きとしたエレンの肩と首のすばらしさを、近視の目でいや応なしにはっきり見届けた。しかも、ちょっと身をかがめさえすれば、さわることができるほど、唇の近くだった彼はその体のぬくもりと、香水の匂いを感じ、息をするたびにそのコルセットがきしむのを聞いた。彼が見ていたのは、ドレスとひとつのまとまりになっている大理石のような美しさではなかった。彼はただ一枚の服でしか隠されていない、彼女の肉体のすばらしさを残らず見て取り、感じていたのだった。そして、彼はいったんそれを見てしまうと、いったん嘘が暴かれてしまうと、二度と元の見方には戻れないのと同じに、別の見方をすることができなかった。

 

<理性>

 《しかし、あの女は頭が悪い。おれが自分であの女は頭が悪いって言ってたじゃないか》彼は思った。《こんなもの愛情じゃない。それどころか、あの女がおれの心にかき立てた気持のなかには、なにかいやらしいもの、なにかあってはならないものがある。あの女の兄貴のアナトールがあの女に惚れて、あの女も兄貴に惚れて、いろいろいきさつがあって、そのためにアナトールが遠くにやられた、という話を聞いたことがある。あの女の兄貴がイポリット。あの女の父親がワシーリー公爵。これはよくない》彼は思った。

 

 結局ピエール君はエレンと結婚してしまうのだが、どうなるかは今後に期待。

 

[追記] 第1部第3篇で離婚しました。